収益不動産を手に入れて一定の収入を得ていく

心配がない

遠景の町並み

サイドビジネスとして人気の高いものの一つが、不動産経営といった不労所得があります。しかし、不動産経営は管理や運営を真面目にすればするほど、本業をこなす時間が失くなってしまうのです。それでは、本末転倒になりかねないのでオーナーの多くが、不動産の管理や運営を業者に託しています。その事業形態の一つとして、サブリースがあるのです。不動産業界では、転貸を目的とした一括借り上げをサブリースと一般的には呼んでいます。オーナー側の、メリットは管理や運営に時間を取られることなく一定の収入を不動産業者から受け取れることです。この不動産側から出される収入は、賃料の80%から90%が相場となっています。しかし、入居者がいない場合は、賃料の引き下げを提案されて収入も減ってしまうのです。

不動産経営を考えるにあたって、不動産業者によるサブリースと呼ばれる一括借り上げは、オーナーとしては資金さえ準備できればよいという印象を持っている人もいらっしゃいます。現実問題として、資金が潤沢にあるのならチャレンジしてみるのもよいです。が、中にはサラリーマンやOLがローンを組んでチャレンジするといったケースもあるのです。資金面でギリギリなチャレンジは、あまりおすすめはできません。不動産は、場所によっては年数により価値の目減りが激しいのです。サブリースは、確かに忙しい本業を抱えた人でも、不動産経営を可能にしてくれますが、最初は高額だった賃料が下がった場合は保証されていた収入も減ってしまいます。近年では、賃料相場の低下による差額の損益やサブリースの契約終了後に建築物の資産価値の大幅ダウンといった諸問題が発生しているのです。